Zims 設立の想い

Jr.バスケットボールチーム 「Zims (ジームス)」 〜 想い 〜

「もう男子バスケ部も無いとですよ。」 ある日、何気ない会話で聞きました。

「女子のクラブチームの横で何人かが、ボールついてるぐらいですかね。女子の練習中なので、教えてもらっ ているわけではなくて、見よう見まねでやってる感じです。」「何人か。バスケやりたいなって子達が集まってます。」

まぁ、聞き流してしまうような会話…。

私は他県の出身です。
今、思えば、熊本の小学校の部活動は新鮮でした。 うちのお兄ちゃん(⻑男)が、小学校でバスケを始めるのですが、学校の先生が生徒と一緒に、走りまわって教えてくれている。バスケ経験はなくても、一生懸命調べて勉強してるって言ってたな。生徒がいて、先生と保護者がつながっていく。そんな感じ。

そんなバスケットボールで繋がっていく環境は中学校まで続きます。 ここは、熊本市立清水中学校 男子バスケットボール部。

厳しい練習の中、「覚悟」を合言葉に、しっかりと目標を持って取り組んで成⻑していく子供たちの姿が ありました。そして、保護者も一緒に笑って泣いて応援できる。そんなあたたかい繋がり。

卒業から… 。
毎年の大晦日は、一年の締めくくりの『清水中男子バスケットボール部 OB 交流会』が開催されます 。OB から中学生部員までのバスケットボールでの真剣勝負。先輩後輩の負けられない勝負。 あの頃と同じく。集まった保護者も応援は笑顔です。

子供とバスケットボールのある生活は、私自身が楽しかったし子育ても助けてもらいました。 今ここにある。この環境と伝統をつなげていきたい。そんな想い。

まずは一歩を踏み出してみよう。チームは一歩踏み出したばかりです。

子供たちと保護者もスタッフも一緒に成⻑できるチームを目指しての第一歩。

タイトルとURLをコピーしました